シリコンの入れ歯って良いんですか?

最近登場しているのが、シリコンを活用している入れ歯になります。歯肉の部分に近いところに、シリコンを使うことによって衝撃の吸収能力を増やすことが出来ます。痛みを軽減したいと思っている方には、このタイプを利用することが非常におすすめです。痛みが最初からかなり軽減されることや、噛む力が非常に強くなりますので、本当の歯を利用しているようなイメージを持つことができるのです。通常の入れ歯よりも高額になってしまいますが、それを覚悟して利用することが多くなります。
シリコンはいろいろな素材に使われているものですから、当然安心できる素材の1つとなっています。衝撃から守ることができるものを付けて、その部分で刺激を抑えるようにするメリットを持っていて、スマホケースなどでも活躍しているものとなります。このケースのような感じで、入れ歯も固定できるようにしているのです。歯茎まで刺激が行かないようにして、痛みを軽減できるような状況を作ることができるので、違和感を感じること無く使うことが出来ます。
ただいいことばかりではなく、悪い部分も持ち合わせているので注意してください。1つは汚れやすいということです。普通の入れ歯の場合は、汚れを抑えるための素材を利用しているのでいいですが、シリコンを採用すると汚れが付着しやすくなり、取り除くことが難しくなることもあります。これがちょっとした悩みどころとなっており、非常に違和感を感じやすいこと、歯茎に問題を起こしてしまうこともあります。
また、顎の骨が痩せてしまう場合に、合わなくなるケースが多くなってしまいます。固定する方法が異なっているため、痩せてしまうと調整することが困難で、修理をすることも凄く難しい入れ歯となっています。そのため破損させることは絶対にできないもので、出来る限り問題が起きないようにしっかり管理して、顎の骨についてもある程度の量を保てるようにしなければなりません。
京都市にあるクリニック、特に伏見区にあるいくま歯科医院では、シリコン製のものも提供しています。こちらの場合は通常より高額になってしまいますが、普段の生活に違和感が出ないので安心できる要素は増えます。説明の際には、こういった問題もあるのでよく考えてくださいと、正しい説明を行っており、考えられる状況を作っております。困ったことがありましたら、ぜひ相談をしていただき、入れ歯について何を使うのか素材も考えていただければと思います。


入れ歯を固定するのにインプラントは必要ですか?

固定するためにインプラントを取り付けることになった場合は、基本的に総入れ歯の時に利用することが多いです。部分入れ歯の場合は、固定できるところがあることや、アタッチメントや歯を削って別の機能をつけることで、固定できるケースが多いからです。そのため固定することを想定してインプラントを使う場合は、大体総入れ歯の人が利用して、固定する部分をしっかりと作り上げることになります。この本数が非常に気になるところですが、大体2本か4本で済むことが多いです。
2本の場合は、両側に付ければいいだけで、上の部分だけ総入れ歯という場合や、下の部分だけという場合に利用することが多いです。全ての部分を固定する場合に利用する時は、4本を付けることになり、上下の両側に固定させる部分としてインプラントを取り付けることが多いです。このように固定できる部分を作らなければ、動いてしまって正しい機能をもたせることが出来ないので、患者さんによっては固定するために、先にインプラント治療を受けていただくこともあります。
この時に固定するため、アタッチメントを活用したものを採用しています。アタッチメントによって、入れ歯をしっかり固定できるようになり、ずれてしまうことを大幅に防げるようにしているのです。採用しているクリニックも非常に多くなっており、京都市にあるクリニックでも多く採用されています。普通のものとは異なりますが、入れ歯専用として利用できるために、安心して固定できる状況を作れるのです。
本数については、クリニック側が考えて決めることですので、自分で指定することは流石に難しいです。決められている本数を付けて、これがしっかりと固定されていることを確認してから、実際に入れ歯を取り付けて確認をすることになります。結構時間はかかることですし、思っていたほどスムーズに進まないこともありますが、ずれて何度も嫌な思いをするくらいなら、こちらを採用した方がいいこともあります。
現在は多くの方にこちらの治療を受けてもらっており、今後もこのような治療方針が採用されることもあります。本数自体は偶数になることが多いので、2本か4本の指定が多くなることを覚えておくといいです。これよりも本数が多くなる場合は、固定できる箇所を増やすことが多いので、その場合は指示に従って治療を受けるようにしてください。大半の人は4本までで、インプラントによる固定が可能となります。


◆私はまだ30代ですが数年前から入れ歯を入れています。見た目が出っ歯気味で困っています。入れ歯を入れる前の前歯の状態にできますか。

若くして入れ歯にされる場合、特に見た目という審美性に気をつかわれる方も多いといえます。京都市伏見区のいくま歯科医院では高い技術の入れ歯専門の技工士と連携して歯並びを決めていきます。納得のいく義歯を作製できるよう尽力をしてもらえますので、歯があった時の写真を持っていくようにしましょう。
京都市伏見区のいくま歯科医院は、近鉄京都線桃山御陵前駅から徒歩9分、京阪本線伏見桃山駅より徒歩8分という立地にあります。いくま歯科医院は京都市伏見区外の南区や下京区、宇治市などから義歯を作成しに来院する患者も多くいる歯医者です。
前歯の場合、部分入れ歯に使用されている金属の針金のないタイプの義歯などで作製してもらえます。金属針金はデンチャーを固定させるためのパーツです。この固定用パーツは笑った時などに金属のバネが見えるため、見た目も気になるという人も多いです。金属のバネを使用しなくてもデンチャーを安定固定させることはできます。京都市伏見区の歯医者では、金属性の固定パーツを用いずにプラスチック製の義歯床で義歯を支える仕組みのスマイルデンチャーなども作製されています。
京都市伏見区のいくま歯科医院では入れ歯専門の技師との連携によって、より患者さんのニーズに近い精密な入れ歯を作ってもらうことができる歯医者です。
このような部分入れ歯によって金属のバネを気にすることなく部分入れ歯を使用することができ、より自然な見た目が確保できます。入れ歯を入れる前の前歯の状態を希望する場合には、京都市伏見区のいくま歯科医院では技術力の高い専門の歯科技工士と連携することで写真の状態に近いより自然に見える審美性の高いノンクラスプデンチャーなどを作製してもらうことができます。
いくま歯科医院では患者さんのニーズにできるだけ対応ができるよう予約制でしっかりと向き合う時間ができるように配慮がされています。一度ご相談してみることをおすすめします。
京都市伏見区のいくま歯科医院は、近鉄京都線桃山御陵前駅から徒歩9分、京阪本線伏見桃山駅より徒歩8分でアクセスできます。場所がよくわからない場合には、電話で道案内も提供されていますので安心です。
若くして義歯にされる場合、特に見た目という審美性が気になるという方も多いといえます。京都市伏見区のいくま歯科医院では高い技術の入れ歯専門の技工士と連携し、納得のいく義歯を作製できるよう尽力をしてもらえますので、一度相談してみることをおすすめします。


◆入院しているのですが、入れ歯の調子が悪いです。なんとかなりませんか?

入院中に入れ歯の調子が悪くなったといった場合、ご飯をおいしく食べられないことで不便さを感じてしまうことも多いといえます。しかし、最近入院中でも歯科治療が可能な場合も増えてきました。京都市伏見区でも、病院によっては訪問歯科を受診することが可能な場合があります。
訪問歯科とは、医療機関で患者さんを診ていた歯科医や歯科衛生士が通院困難な人を訪問して歯科治療を行う医療活動です。京都市伏見区でも最近は訪問歯科診療を積極的に行う歯医者も増えています。
訪問歯科は、歯科医院に行けない状態の人にこそ歯の治療が必要であるという考え方に基づいて行われています。疾患がある人ほど口腔ケアを行うことが難しく、より治療が必要な状態になりやすいと考えられるのです。そのため、京都市伏見区でもでも訪問歯科診療対象となる人は通院困難な方となっています。例えば、高齢者の方で要介護認定の方などは、歯を診てもらいたくても不自由なため、通院できない人が多くいます。また、入院している人も病院に歯科などがなければ通院は難しいといえますので、対象となります。体に障害がある場合も通院が難しくなってしまいます。
京都市伏見区でもでも通院困難な場合に多いといわれているのが、食べられないことに困っているというケースです。食べられない原因は、入れ歯の不調や破損などで、入れ歯に不調を抱えている場合が多いといわれています。訪問歯科診療では、虫歯や歯周病などの治療、入れ歯の作製や入れ歯の修理、口腔ケア、口腔機能のリハビリテーションなども行われています。治療費用には医療保険や介護保険が適用されています。
入院中に入れ歯の調整を受けたいといった場合には、入っている訪問業者があるかどうかをまずは確認してみてください。もし、入っていることが確認されれば京都市伏見区でも入れ歯調整のため歯科受診をすることが可能になります。
また、歯科が併設されている総合型病院に入院している場合は、京都市伏見区でもそのまま歯科を受診することができたりするので、まずは入信している病院に聞いてみるようにしてみましょう。
訪問歯科が受けられる場合、訪問をしてもらうため、治療費に加算がつきます。1割負担の場合なら、京都市伏見区でも800円~1000円ぐらいの加算がかかるといわれています。普通に歯医者さんに行く場合にはこの費用は掛かりませんが、訪問してもらうため最低でもそれぐらい京都市伏見区でも割高になるといえます。
退院が近いなら、退院してから受診するという方法もありますが、退院の日がそれほどすぐでない場合には、訪問歯科を受診できるか確認しましょう。その場合には、入れ歯の調子を診てもらいたいということを事前に伝えておくようにしましょう。


◆朝、部分入れ歯が入りにくいです。ぐらぐらしている歯があることと関係ありますか?

部分入れ歯を京都市伏見区の入れ歯で新しくお作りした場合に、まれに朝、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯が入りにくい、という患者様のお声をいただくケースがございます。
京都市伏見区の入れ歯で部分入れ歯をお作りした場合には部分入れ歯を装着する患者様の残っている天然の自然の歯が原因で京都市伏見区の入れ歯がぐらぐらするケースがごくまれに見受けられます。
今回は、「朝、部分入れ歯が入りにくいです。ぐらぐらしている歯があることと関係ありますか?」について詳しくお話をさせていただきます。

■部分入れ歯を支える歯がぐらぐらしていると部分入れ歯も安定しません

朝、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯を装着する時にどうもぐらぐらして安定しない、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯が落ち着かない、という患者様がお悩みを相談する為に歯科医院にいらっしゃるケースがあります。
これは、京都市伏見区の入れ歯でお作りした部分入れ歯側に問題があるのではなくて、ほとんどのケースでは京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯を支えている患者様の残っている歯に問題がある場合が多いです。
京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯は残っている歯に京都市伏見区の入れ歯側の金具であるクラスプを装着する為、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯を支えている土台である残っている天然の自然の歯がぐらぐらしていると、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯もぐらぐらと安定しない状態となってしまいます。

■部分入れ歯を支えている歯の治療を行う事でぐらぐらを改善

部分入れ歯を京都市伏見区の入れ歯で新しくお作りしてその部分入れ歯を支えている残っている歯が原因で京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯が安定しない場合には、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯を支えている歯の治療を行う事でぐらぐらとした不安定な状態の改善を試みます。
もっとも、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯を支えている天然の歯がぐらぐらとしている状態と言うのは、重度の虫歯か歯周病の可能性が強い為、治療は歯周病を中心に視野に入れる事から治療が長引いてしまうケースもあります。
また、虫歯で歯の根っこが虫歯に冒され歯がぐらぐらしているケースでは神経が死んで歯の根っこもボロボロになっている可能性が高い為、抜歯となるケースも少なくありません。
部分入れ歯を支えている天然の歯を抜歯した場合には、部分入れ歯を支える歯を別の歯にして部分入れ歯を作り直すなどの処置を取る必要があります。