シリコンの入れ歯って良いんですか?

最近登場しているのが、シリコンを活用している入れ歯になります。歯肉の部分に近いところに、シリコンを使うことによって衝撃の吸収能力を増やすことが出来ます。痛みを軽減したいと思っている方には、このタイプを利用することが非常におすすめです。痛みが最初からかなり軽減されることや、噛む力が非常に強くなりますので、本当の歯を利用しているようなイメージを持つことができるのです。通常の入れ歯よりも高額になってしまいますが、それを覚悟して利用することが多くなります。
シリコンはいろいろな素材に使われているものですから、当然安心できる素材の1つとなっています。衝撃から守ることができるものを付けて、その部分で刺激を抑えるようにするメリットを持っていて、スマホケースなどでも活躍しているものとなります。このケースのような感じで、入れ歯も固定できるようにしているのです。歯茎まで刺激が行かないようにして、痛みを軽減できるような状況を作ることができるので、違和感を感じること無く使うことが出来ます。
ただいいことばかりではなく、悪い部分も持ち合わせているので注意してください。1つは汚れやすいということです。普通の入れ歯の場合は、汚れを抑えるための素材を利用しているのでいいですが、シリコンを採用すると汚れが付着しやすくなり、取り除くことが難しくなることもあります。これがちょっとした悩みどころとなっており、非常に違和感を感じやすいこと、歯茎に問題を起こしてしまうこともあります。
また、顎の骨が痩せてしまう場合に、合わなくなるケースが多くなってしまいます。固定する方法が異なっているため、痩せてしまうと調整することが困難で、修理をすることも凄く難しい入れ歯となっています。そのため破損させることは絶対にできないもので、出来る限り問題が起きないようにしっかり管理して、顎の骨についてもある程度の量を保てるようにしなければなりません。
京都市にあるクリニック、特に伏見区にあるいくま歯科医院では、シリコン製のものも提供しています。こちらの場合は通常より高額になってしまいますが、普段の生活に違和感が出ないので安心できる要素は増えます。説明の際には、こういった問題もあるのでよく考えてくださいと、正しい説明を行っており、考えられる状況を作っております。困ったことがありましたら、ぜひ相談をしていただき、入れ歯について何を使うのか素材も考えていただければと思います。