入れ歯を使用して噛むと痛いのは何故?

歯を失った場合に入れ歯を使用することになる人も多いと思いますが、入れ歯を使用していてトラブルになることも少なくありません。特に多いのが入れ歯を使用していて噛むと痛いといったトラブルで、これには複数の原因が考えられます。原因として考えられるのは入れ歯と口内の形状不一致、土台となる歯茎の形状の変化、かみ合わせによるバランスがずれてきていることなどが考えられます。まず入れ歯と口内の形状不一致に関しては、入れ歯を作成する場合には口内の形状に合わせて入れ歯をつくっていくのですが、長年入れ歯を使用していると入れ歯自体の変形や口内の形状の変化により入れ歯がうまく口内の形状と合わなくなってくることがあります。その状態で入れ歯を使用すると隙間が出来その中に異物が混入して噛むことで痛みを感じることがあります。形状の変化により入れ歯そのものが原因で痛みを発祥することも考えられますので、この場合には早急に対処が必要となります。土台となる歯茎の形状の変化も噛むことで痛みを発しやすくなる原因の一つです。歯茎に関しては年齢とともに歯茎自体が痩せるということもあり、その場合入れ歯がうまく土台である歯茎に密着しないため擦れてしまい痛みを感じる場合があります。これは総入れ歯だけでなく部分入れ歯でも起きることがありますので、この場合も入れ歯と歯茎のバランスなどを見直すことが必要となります。かみ合わせによるバランスの変化も重要で、入れ歯を長年使用していると徐々に入れ歯が磨り減ってしまいます。そうなると最初は問題なかったかみ合わせにズレが生じてきてしまい、そのズレにより噛むことで痛みを感じやすくなります。どのケースも入れ歯を作り直すなどの対処が必要となりますし、そのまま痛みを我慢して使用しつづめると口内を傷つけたりそれによる炎症などを引き起こす可能性もあります。京都府伏見区のいくま歯科医院ではそういった入れ歯のトラブルや悩みを解決してくれる歯医者です。京都府では非常に有名ですし入れ歯専門の歯医者としての信頼も高いですので、もし噛むことで痛みを感じるのであれば一度京都府伏見区のいくま歯科医院へ相談をしてみると良いでしょう。入れ歯を使用して噛むことで痛みを感じるのはストレス以外のなにものでもありませんし、それを我慢していることで口内がどんどん傷つくことも考えられますので、我慢をするのではなくまず相談をすることが痛みを解消するためには重要だといえるでしょう。


普通の入れ歯と精密入れ歯との違い

自分の歯を一生維持し続けるのは日常に難しいことですし、年齢とともに歯も歯茎も弱ってきてしまうことも考えられます。それ以外にも歯周病等により歯を失うことも考えられ、そんな時に使用すると便利なのが入れ歯という存在です。現在入れ歯には通常の入れ歯と精密入れ歯という2種類が存在しており、それぞれに特徴などが異なります。京都府伏見区にはこの精密入れ歯を作ってくれる専門技術を持つ歯医者がありますので、精密入れ歯を作りたい場合にはそういった専門の入れ歯を作ることが出来る歯医者にお願いする必要があります。では通常の入れ歯と精密入れ歯の違いは何なのかといえば、最大の違いは保険の適用が出来るかどうかと言うことです。通常の入れ歯に関しては保険の適用が可能なため負担が少なく入れ歯を作成することが出来ます。しかし精密いればの場合は保険の適用外となってしまうため、入れ歯を作成する際の費用が自己負担となってしまうことになります。保険の適用だけを見た場合には一見通常の入れ歯のほうが良いと感じるかもしれませんが、通常の入れ歯に関しては保険適用が可能な代わりに使用できる材質などが限られており、患者一人一人が満足できる入れ歯を作成するのが難しいといった問題があります。もちろん普通の入れ歯でも十分と言う人も少なくありませんし、保険適用による患者の負担が減ることは喜ばしいことだと言えます。しかしそれではどうしても入れ歯が使い難いと感じる人もいますので、そういった人にオススメするのが精密入れ歯というものです。精密入れ歯の特徴としては普通の入れ歯よりもさらに精密に一人一人に合わせた入れ歯となっており、普通の入れ歯で感じるような違和感を少なく出来ますし、食事の際に味を感じられるといった工夫もしてあります。要するに完全オーダーメイドで口内の形状に合わせて作られており、使用されている材質なども限りなく違和感を感じさせず生活に支障をもたらさないものとなっているのが精密入れ歯という特別な入れ歯になります。精密入れ歯は専門の歯医者でしっかりとカウンセリングをしながら作っていくもので、京都府伏見区のいくま歯科医院ではこの精密入れ歯に力を入れていますので、今の入れ歯に満足できていない場合や、もっと自然に使える入れ歯を作りたいと感じている場合には、一度京都府のさくま歯科医院に相談をしてみると良いでしょう。カウンセリングは無料なので安心して相談することが出来ます。


自費診療の入れ歯って?

入れ歯を作製する時には、健康保険が使える保険診療の入れ歯と使えない保険外治療の入れ歯の2種類があります。

自費診療のデンチャーは保険外診療となりますので、全額自己負担となります。

健康保険は使えませんので、負担額は10割となります。

そのかわり、自費診療ではデンチャーの作製にかける時間を制限されることもなく、素材なども自由に選んだものを用いて入れ歯を作製できるといったメリットがあります。

保険診療では利用できない素材なども使用できますので、最先端の高性能素材の使用なども可能になります。そのため、デンチャーに対する患者の高い満足度につながるといったメリットがある方法です。

財政上の問題から、保険が適用される治療は必要最小限の治療に限られており、使用できる材料や治療法には大きな制約があるため、審美性や快適性、耐久性などを求める場合には、保険外治療は患者の選択肢を増やす治療法として多くの患者によって現在、選択されたりしています。

京都市伏見区のいくま歯科医院では、自費診療の治療にもしっかり対応してもらえます。

全ての患者に明細書つきの領収書を発行しています。

医療費は医療費控除の対象となり、家族で合算できます。

京都市伏見区のいくま歯科医院では様々な精密入れ歯などの選択肢が設けられています。京都市伏見区のいくま歯科医院では、高品質な入れ歯製作システムを利用して作製され、よく噛めて、痛くなく、外れず、美しい、といった点がメリットとして実現されているデンチャーを使用しています。

 

この方法で作製すると、本来の口腔内の動きにより合ったデンチャーを作製することができるといわれています。口を閉じた状態で一度に上下顎の型取りを行うことができ、より患者の口の動きと同じような精密な型取りが短時間のうちに行うことができるというメリットがあります。
京都市伏見区のいくま歯科医院では、保険適用ではないため自由診療となるデンチャーの費用の目安が設定されています。費用の目安は症状により変動し、また、被せ物などが変更になることもあり、料金が変更される場合がありますが、京都市伏見区のいくま歯科医院では事前に見積りを出してもらえますので安心です。
京都市伏見区のいくま歯科医院では精密入れ歯について、費用の目安がある程度設定されている京都市伏見区の医院です。また、京都市伏見区のいくま歯科医院では次回の診療費なども受付で予約時に質問すれば教えてもらうことができます。


保険診療の入れ歯って?

歯科の治療には、歯医者で健康保険が使える保険治療と使えない保険外治療の2種類があります。保険治療は健康保険が使える治療で、歯医者での患者の治療費負担が加入する健康保険であらかじめ決められた割合だけですみます。そのため、10割の自費診療に比べると、自己負担金が少なくて済むといったメリットがあります。
保険治療費用が全国一律のため、全国のどこの歯医者で治療を受けても同じ費用で治療を受けることができます。しかし、その一方、治療方法や治療に使われる材料や治療時間にも制限があるというデメリットもあり、治療方法や手順などが細かく決められており、それ以上の機能を備えた入れ歯を作製することはできません。入れ歯には必要最低限の機能性は備わっているものの、審美面などが十分ではないため、作製する時には保険診療の入れ歯よりも自費診療の入れ歯を選ぶ患者も多くいます。
京都市伏見区のいくま歯科医院は、入れ歯作りに定評のある京都市伏見区の歯医者です。近鉄京都線桃山御陵前駅から徒歩9分、京阪本線伏見桃山駅からは徒歩8分という立地にあり、京都市伏見区外の南区や下京区などから入れ歯などの作製のために来院する患者も多くいる歯医者です。
京都市伏見区のいくま歯科医院は予約制の歯医者です。予約は電話で可能で、できるだけ予約時間に治療が開始できるように心がけられています。しかし、予定外に治療が長引いてしまうこともあります。その際は、どのくらい遅れそうなのかについてきちんと伝えてもらえます。また、予約なしで来院された場合は予約来院の患者が優先されますので、予約なしでの来院する場合には予約来院患者の診療後の診療となるとされています。
京都市伏見区のいくま歯科医院では、医院の場所がよくわからない場合には電話による道順案内も提供してもらえる親切な京都市伏見区の歯医者です。京都市伏見区のいくま歯科医院では細部まで効率化され、行き届いた診療環境があります。また、診療器具は2気圧132度で20分間高圧蒸気滅菌を行い、感染対策が行われています。また業務用大型プラズマクラスターや手指消毒用アルコールを常備し、インフルエンザなどの空気感染対策も徹底されています。ベビーカーや杖、車いすや手押し車などは院内に持ち込むことができます。
診療時間は月曜から土曜日の9:00~12:30と15:00~19:30(土曜午後は除く)、また、木曜午後は16時~19時30分となっています。休診日は土曜の午後と日曜日、祝日です。
このように、保険診療の入れ歯は健康保険であらかじめ決められた手順で作製する入れ歯で、京都市伏見区のいくま歯科医院では保険診療の入れ歯にもしっかりと対応しています。


歯が抜けたら治療しないといけないの?

歯を抜けたまま放置してしまうと、上手に食事ができなかったり、上手く話ができなくなってしまったりと不具合が出てしまいます。そのため、歯が抜けてしまった方は「入れ歯」や「インプラント」などの代替治療が必要となります。当院ではインプラント、入れ歯ともに多くの実績をもっており、さまざまなお口の中の状況を判断してきました。一度、ご相談ください。