支払い方法について知ろう

入れ歯は、歯を失ったところに人工の歯茎を含む義歯をはめ込んで、周囲の歯にバネで固定する歯科治療用器具です。保険内の診療で作ることができて、早期に安価に作成できるという点がメリットで、健康な歯を削る量は非常に少ないといったメリットがあります。

しかし、保険で作成する入れ歯は、笑ったりしたときに金具の部分が目立ったり、重さが重く、審美性や機能性という点では十分ではないと考えられてもおり、歯科医院では保険外で作成する審美性の高い軽い入れ歯などが推奨されたりしています。

京都市伏見区のいくま歯科医院では、保険の材料の約4分の1の重さで作成するチタンやコバルトクロムという素材を材料にした入れ歯を提供しています。また、笑った時などに口の中の入れ歯を固定する針金部分ができるだけ目立たない入れ歯になるための工夫も行っています。

しかし、保険外の入れ歯を作成するとなると、自費診療という形になり、全額自己負担となります。例えば、コバルトクロム床のパーシャルデンチャーは税別価格が40万円、ノンクラスプのパーシャルデンチャーの部分入れ歯になると税別で10万円となっています。

この点については、いくま歯科医院ではデンタルローンを設けることで、一括支払いによる患者さんの負担を軽減する制度を採り入れています。デンタルローンは利用目的が歯科治療費に限定され、信販会社がいったん患者さんに代わって入れ歯の治療費を歯科医院に立替払いする制度です。その後、患者さんは信販会社に治療代に手数料を加えた額を分割払いするという契約になります。

いくま歯科医院ではこのようなデンタルローンでの支払を設けて患者さんの負担を軽減する支払方法を取り入れています。

また、いくま歯科医院では医療費控除という税制制度についても紹介しています。医療費控除は、患者さんが自分自身や家族のために1年間に10万円以上の医療費を支払った場合、納めた税金の一部が還付される制度です。自費による義歯や審美治療費用が医療費控除の対象となれば、確定申告で支払った所得税の一部を還付してもらえます。

このように、いくま歯科医院では治療費について、現金以外にデンタルローンでの支払い方法を取り入れることで、患者さんの支払方法の選択肢を増やす工夫を行っています。

入れ歯が外れて困ります

入れ歯を使用中の人が多く抱える悩みの一つにデンチャーが外れやすいということが挙げられます。デンチャーを作製してもらった時には問題なく使用できたといった場合には、口の状態が変化したことなどが原因かもしれません。例えば、顎の骨が痩せてきたといった場合には、入れ歯が合わず、外れやすくなったり、安定感がなくなって、歯茎に当たって痛いと感じるケースがあります。

歯ぐきがやせていて入れ歯は難しいとなった場合には、難症例というケースに該当するかもしれません。難症例の場合、入れ歯が得意な歯医者さんで、時間をかけてもらって丁寧に入れ歯を合わせていくことが大切になります。

歯茎のどてのようになっている部分の高さがある程度ある場合には、歯茎が入れ歯を安定させる役割がありますので、口の中の入れ歯があまり外れるということで困ることはないといえます。しかし、この部分にある程度高さがなければ、入れ歯を歯にしっかり固定できず、入れ歯は不安定になって外れやすくなってしまいます。

また、歯と歯の噛み合わせもデンチャーの安定という点で重要な要素となってきます。噛み合わせが安定している患者と不安定な患者では、デンチャーが口の中で安定する度合いが異なってくるのです。顎の骨の吸収が進み、顎の高さが十分になくて噛み合わせがよくない場合には難症例の要因がそろっている可能性が高くなります。

京都市伏見区のいくま歯科医院ではこのような難症例のケースにも対応しています。いくま歯科医院は、他院などでデンチャーについて納得がいかない場合などには、セカンドオピニオンを受けることもできます。また、事前にその旨を知らせることで、診断のみの提供を受けることができるようになっており、続けて治療を希望する場合には次回の予約を取ることもできます。

入れ歯は夜寝る時は、外した方が良いの?

入れ歯は小さな入れ歯の場合には、寝ているときに誤って飲み込む恐れがあるため、外しておくほうがいいといえます。また、バネのかかっている歯には負担がかかりますし、汚れが溜まりやすくなります。唾液の流れも阻害されやすくなっています。夜間は唾液の流量が極端に減りますので、雑菌が繁殖しやすく、外しておいた方が虫歯や歯周病のリスクを減らすことにもなります。部分入れ歯を入れている方の骨の方が吸収されたりして小さくなっていく傾向もあります。そのため、夜間は基本的には外しておいた方がいいといえます。

逆に、上下に十分な数の歯がなくなってしまった場合には、夜中に歯ぎしりなどで残っている歯を傷めてしまわないように、デンチャーをして寝る方がいいという場合もあります。総入れ歯の場合には外してしまうと顎が安定しにくくなるといった場合などは寝るときにも装着しておいたほうがいいといえます。

その場合は、寝る前に歯とデンチャーをきれいにしてからとなりますが、そうならないように予防することが重要です。

入れ歯が汚れるとプラークなども付着して、入れ歯の臭いが気になるといった悩みなども生まれます。日ごろから定期的に清掃を行って、定期的に歯医者でチェックしてもらいましょう。

京都市伏見区のいくま歯科医院では、悪くなった歯については、治療を行ったとしても今までと同じように生活して、同じ手入れをしていてはまた同じスピードで悪くなっていくといわれています。けれども、次回にも同じように治せるとは限りませんので、入れ歯を入れた後のメンテナンスは最も大事な作業といえます。

悪くなる前には予防できるのが一番です。いくま歯科医院ではそれぞれの患者さんに最も適した予防法を提案させていただきます。

入れ歯はどの位の期間で出来上がりますか?

入れ歯は患者さんの歯茎や、残存歯に合わせて作成します。患者さんのお口に合った入れ歯を作製するためには、まずは患者さんの歯茎や歯の状態をよい状態にしておく必要があります。口腔内にむし歯や歯周病などがあり、かぶせ物の治療なども必要な状態であれば、通常よりも期間が長めになるといえます。その後、デンチャーの製作にかかってからは、大体3、4回位の来院が目安といわれます。

いくま歯科医院では治療期間についてはある程度の目安が示されています。例えば、金属床の部分入れ歯であれば、治療期間は約3~12か月となっています。ノンクラスプの部分入れ歯であれば治療期間は約1~3か月、フルデンチャーの総入れ歯であれば、治療期間は約3~12か月などとなっています。

いくま歯科医院の精密入れ歯(BPS)はよく噛めて、痛くなく、外れず、美しい、が実現されたデンチャーです。BPSはイボクラールビバデント社の開発した高品質なデンチャー製作システムで、筋肉、唇、舌などの患者さんの口の中を立体的に反映させる模型を製作できます。この入れ歯は自費診療となりますが、患者さんの本来の口腔内の動きにピッタリと合わせるデンチャーを作製することができるという利点や、口を閉じた状態で上下顎の型取りを一度に行うことができ、より精密な型取りを短時間の作業で行うことができます。

また、いくま歯科医院ではあらゆる保険治療に対応しています。歯の治療は自費診療などの高価な治療が必ずしも優れているとも限らず、それぞれの生活スタイルや環境に応じ、保険治療の方が適していることも少なくありません。保険治療を最高水準で行うことにより、今までにない快適さを安価に得ることができ、いくま歯科医院では患者さんのお口を現在の技術でどのように改善できるかをあらかじめ提案することができます。

デンチャーは患者さんの歯茎や、残存歯に合わせて作成しますので、必要な期間も患者の口の中の状態によって変わってきます。いくま歯科医院では必要な期間について目安が示されていますので患者さんは安心して治療を受けていただけます。

入れ歯安定剤を使用しなければならないですか?

入れ歯をお使いの方であれば、1度はCMやスーパーで入れ歯安定剤が目に映るのではないかと思います。

いくま歯科医院でも入れ歯対策は行っており、安定剤について質問される方も多くいらっしゃいます。

安定剤を使うメリット。

まずは、安定剤を使うメリットを説明したいと思います。入れ歯は喋ったり食事をとったりすると外れてしまうのではないかと思われる方もいると思います。

しかし、入れ歯は早々に外れるものではないのですが欠点もあります。

まずは、前歯でかじるもの。これは前歯でリンゴ等々をかじると、総入れ歯の場合奥歯からカポンと外れてしまうことがあります。

入れ歯の構造上、不可抗力といっても仕方ないかもしれません。

しっかりはめた状態の上の入れ歯を垂直方向に引っ張っても意外と外れないのですが、前歯の部分を持って上に引き上げると、これがけっこう簡単に外れるのです。

吸盤の原理で総入れ歯の場合はくっついているため、手前を外すと奥に空気が入り外れやすくなります。

しかし、自宅で気心知れた家族と食事をとるならば入れ歯が外れても、さほど気にならないと思います。笑い話程度で終わることもあるでしょう。

しかし、人前や家族や身内での集まりの席では、なかなかそうはいきません。

食べなければいいじゃないかとなるかもしれませんが、気を使いながら食べる食事ほど美味しく感じないものはないと思います。

みんなで集まる席だからこそ、気兼ねなく美味しいものを美味しく。楽しい時間を過ごすことは、最高の贅沢です。

そのためにも、気を使わずに食事をとる方法に1つとして入れ歯安定剤があります。

いろいろな種類がありますが、基本は入れ歯が外れないようにするためのものです。

先ほど話したりんごや、お正月になればお餅もあるかと思います。そんな時に役立つアイテムだと思います。

しかし、メリットだけでないのが入れ歯安定剤です。

デメリットとしては、歯茎と入れ歯の間に塗るため違和感を感じることがあります。また、無味無臭のものもありますが、清涼感があるものもあるため、味を損ねたり安定剤のクッション性から食感を損ねてしまうものもあります。

また、歯茎と入れ歯にくっつけるものなので、外した後の手入れのめんどくささがあげられるのではないでしょうか。

できれば、安定剤を使わず食事を取れるのが1番ですが、どうしても外れたくない場面もある時には、そういったものもあるんだと使用してもいいのではないかと思います。使用後は、使用前よりも丁寧な洗浄を心がけることをお勧めします。