◆入れ歯を入れた直後にはどういったものを食べればよいのでしょうか?

京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を歯科医院で新しく作成した場合には、保険診療の保険適用の京都市伏見区の入れ歯やもしくは自費診療の保険が利かない京都市伏見区の入れ歯においてもどちらでも入れ歯を入れた直後に食べる食べ物には多少の配慮が必要となります。
今回は「入れ歯を入れた直後にはどういったものを食べればよいのでしょうか?」というご質問について詳しくお話をさせていただきます。

■出来上がったばかりの入れ歯は試運転が必要です

京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を新しく作った場合には、部分入れ歯とは異なり試運転、つまり京都市伏見区の入れ歯の総入れ歯の試用期間が必要となります。
もちろん試用期間と言っても具体的には京都市伏見区の入れ歯の総入れ歯が与える刺激になれる為の期間であり、あまり重く捉える必要はありません。
ただし、京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を新しく作った場合には、京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を作成してから1ヶ月間程度はあまり硬い食べ物を食べないようにする事をおすすめします。
これは、出来てから1ヶ月以内の新しい総入れ歯で硬いおせんべいやスルメ、その他の硬い食べ物などを食べてしまうと、場合によっては上あごや下あごの粘膜部分に痛みを強く感じてしまう事がある為です。
新しく作成された総入れ歯を出来上がってから1ヶ月以内に硬い食べ物を食べてしまうと上あごや下あごの粘膜部分などが強い痛みを感じる事があり、その時に痛いと感じた感覚が京都市伏見区の入れ歯を総入れ歯で作り直したとしても、痛みの記憶として残ってしまうおそれがあります。

■野菜や肉は柔らかくして食べる

京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を新しく作ってから1ヶ月以内は試運転の期間ですので、出来るだけ食べ物は野菜や肉なども柔らかく煮て食べる事をおすすめします。
特に硬い肉などを出来たばかりの京都市伏見区の入れ歯の総入れ歯で無理に噛んでしまうと、思いがけない痛みが走ってしまう事もあります。

■おかずを小さくカットして食べるのも良し

あまり柔らかい食べ物が好きじゃない、少し噛み応えのある食べ物を食べたいのであれば、噛みやすく食べやすい大きさにカットした肉や野菜を食べるのも良いでしょう。
ただし京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を作った直後の時期には、おかゆなどほとんど噛まなくてよい食べ物で様子見をしながら、小さくカットした野菜や肉を少しづつ食べるようにしてみる事をおすすめします。
おかゆはほとんど噛まなくてよい為、京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を入れた直後には適している食べ物の一つです。