◆朝、部分入れ歯が入りにくいです。ぐらぐらしている歯があることと関係ありますか?

部分入れ歯を京都市伏見区の入れ歯で新しくお作りした場合に、まれに朝、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯が入りにくい、という患者様のお声をいただくケースがございます。
京都市伏見区の入れ歯で部分入れ歯をお作りした場合には部分入れ歯を装着する患者様の残っている天然の自然の歯が原因で京都市伏見区の入れ歯がぐらぐらするケースがごくまれに見受けられます。
今回は、「朝、部分入れ歯が入りにくいです。ぐらぐらしている歯があることと関係ありますか?」について詳しくお話をさせていただきます。

■部分入れ歯を支える歯がぐらぐらしていると部分入れ歯も安定しません

朝、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯を装着する時にどうもぐらぐらして安定しない、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯が落ち着かない、という患者様がお悩みを相談する為に歯科医院にいらっしゃるケースがあります。
これは、京都市伏見区の入れ歯でお作りした部分入れ歯側に問題があるのではなくて、ほとんどのケースでは京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯を支えている患者様の残っている歯に問題がある場合が多いです。
京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯は残っている歯に京都市伏見区の入れ歯側の金具であるクラスプを装着する為、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯を支えている土台である残っている天然の自然の歯がぐらぐらしていると、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯もぐらぐらと安定しない状態となってしまいます。

■部分入れ歯を支えている歯の治療を行う事でぐらぐらを改善

部分入れ歯を京都市伏見区の入れ歯で新しくお作りしてその部分入れ歯を支えている残っている歯が原因で京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯が安定しない場合には、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯を支えている歯の治療を行う事でぐらぐらとした不安定な状態の改善を試みます。
もっとも、京都市伏見区の入れ歯の部分入れ歯を支えている天然の歯がぐらぐらとしている状態と言うのは、重度の虫歯か歯周病の可能性が強い為、治療は歯周病を中心に視野に入れる事から治療が長引いてしまうケースもあります。
また、虫歯で歯の根っこが虫歯に冒され歯がぐらぐらしているケースでは神経が死んで歯の根っこもボロボロになっている可能性が高い為、抜歯となるケースも少なくありません。
部分入れ歯を支えている天然の歯を抜歯した場合には、部分入れ歯を支える歯を別の歯にして部分入れ歯を作り直すなどの処置を取る必要があります。