◆入れ歯を入れた直後にはどういったものを食べればよいのでしょうか?

京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を歯科医院で新しく作成した場合には、保険診療の保険適用の京都市伏見区の入れ歯やもしくは自費診療の保険が利かない京都市伏見区の入れ歯においてもどちらでも入れ歯を入れた直後に食べる食べ物には多少の配慮が必要となります。
今回は「入れ歯を入れた直後にはどういったものを食べればよいのでしょうか?」というご質問について詳しくお話をさせていただきます。

■出来上がったばかりの入れ歯は試運転が必要です

京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を新しく作った場合には、部分入れ歯とは異なり試運転、つまり京都市伏見区の入れ歯の総入れ歯の試用期間が必要となります。
もちろん試用期間と言っても具体的には京都市伏見区の入れ歯の総入れ歯が与える刺激になれる為の期間であり、あまり重く捉える必要はありません。
ただし、京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を新しく作った場合には、京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を作成してから1ヶ月間程度はあまり硬い食べ物を食べないようにする事をおすすめします。
これは、出来てから1ヶ月以内の新しい総入れ歯で硬いおせんべいやスルメ、その他の硬い食べ物などを食べてしまうと、場合によっては上あごや下あごの粘膜部分に痛みを強く感じてしまう事がある為です。
新しく作成された総入れ歯を出来上がってから1ヶ月以内に硬い食べ物を食べてしまうと上あごや下あごの粘膜部分などが強い痛みを感じる事があり、その時に痛いと感じた感覚が京都市伏見区の入れ歯を総入れ歯で作り直したとしても、痛みの記憶として残ってしまうおそれがあります。

■野菜や肉は柔らかくして食べる

京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を新しく作ってから1ヶ月以内は試運転の期間ですので、出来るだけ食べ物は野菜や肉なども柔らかく煮て食べる事をおすすめします。
特に硬い肉などを出来たばかりの京都市伏見区の入れ歯の総入れ歯で無理に噛んでしまうと、思いがけない痛みが走ってしまう事もあります。

■おかずを小さくカットして食べるのも良し

あまり柔らかい食べ物が好きじゃない、少し噛み応えのある食べ物を食べたいのであれば、噛みやすく食べやすい大きさにカットした肉や野菜を食べるのも良いでしょう。
ただし京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を作った直後の時期には、おかゆなどほとんど噛まなくてよい食べ物で様子見をしながら、小さくカットした野菜や肉を少しづつ食べるようにしてみる事をおすすめします。
おかゆはほとんど噛まなくてよい為、京都市伏見区の入れ歯で総入れ歯を入れた直後には適している食べ物の一つです。


◆インプラント義歯は治療期間が長いの?

インプラント義歯とは、顎の骨にインプラント体を埋入し、そのインプラント体を土台にして入れ歯を固定する治療法です。インプラント義歯は現在ある治療法の中で最も入れ歯をしっかりと固定することができる方法で、京都市伏見区の歯医者でもインプラント義歯の埋め込み手術などが行われています。インプラント義歯は、咀嚼する力を回復させる効果も高く、入れ歯が不安定になるといった原因で発生する痛みなどがかなり軽減できるといったメリットもあります。
しかし、その一方で、インプラント体を顎骨の中に埋入させるための手術が必要になるということから、京都市伏見区の歯医者でも人工歯根が骨に接着するまでに3~6ケ月くらいの治癒期間が必要とされます。また、顎骨の骨量が少ない人がインプラント手術を行うためにはある程度骨量を増やさなければならないので、骨造成を行う場合には、京都市伏見区の歯医者でもさらに長い治療期間が必要となります。そのため、入れ歯やブリッジに比べて、インプラント義歯は治療期間が長くなってしまうというデメリットがあります。しかし、土台がしっかりしているため、噛む力を高く保つことができるというメリットがあります。
京都市伏見区のいくま歯科医院で扱われているインプラントデンチャーにはコバルトクロム床 インプラントデンチャーと18金床 インプラントデンチャーがあります。京都市伏見区のいくま歯科医院では、コバルトクロム床 インプラントデンチャーは、インプラント体を打ちこんで、総入れ歯の土台とする方法です。土台にのせる総入れ歯を金属床で作成するので、歪みなどを軽減した安定感の高い入れ歯ができます。また、土台がしっかりしていることで噛む力も高く保つことができます。インプラントデンチャーは、インプラント体は口内の状態によって打ちこむ本数が変わってきます。京都市伏見区のいくま歯科医院でも金額は必要な埋入体の本数で変わります。
18金床 インプラントデンチャーはインプラント体を打ちこみ、総入れ歯の土台にする方法です。京都市伏見区のいくま歯科医院では土台に載せる総入れ歯を貴金属床で作成しますので、他の金属床と同様、歪みなどが軽減されて安定性が高くなります。生体親和性がより高いので食事が味わいやすくなります。土台がしっかりしていることで噛む力も高く保てます。コバルトクロム床 インプラントデンチャーと同様、京都市伏見区のいくま歯科医院でもインプラント体の数によっては金額が変わります。


◆入れ歯を作ったんだけど、痛くてだめ。もう一度作って欲しいんだけど。

入れ歯にも保険適応の義歯と自費診療の義歯があり、それぞれメリット、デメリットがあります。保険適応のデンチャーであれば、京都市伏見区の歯医者だけでなく、全国のどこの歯医者で義歯を作ってもらっても同じ品質、同じ価格で作成できます。保険の義歯の主な素材はプラスチックになりますので、破損が生じた場合に修理しやすいという特徴もあります。また、京都市伏見区の歯医者だけでなく、全国のどこの歯医者でも費用負担を抑えられることもメリットとして挙げられます。しかし、デメリットとしては使用できる素材が決まっており、床素材がプラスチックで作製されますので、一定の厚みが必要となり、強い違和感を覚えるという患者さんも京都市伏見区でも多くいます。自費診療の入れ歯の場合は、保険の入れ歯に比べるとかなりの薄さで作製できますので強い違和感を覚えることは少ないという特徴があります。
入れ歯を作った後、装着してみると痛くてつらいという場合には、自費診療の入れ歯よりも保険診療の入れ歯に多いケースといえます。保険の義歯の場合、医療費の抑制を図るため、保険のルールで、保険診療で作製する義歯については、作成したあとは、6ヶ月間は作り直しができないとの定めがあります。これは京都市伏見区だけでなく他の地域でも同じです。もし6ヶ月の間に義歯を紛失した場合には、自費で作り直すことになります。しかし、壊れたり合わなくなった場合の作り直しについては、作成後6ヶ月以内だったとしても、京都市伏見区の歯医者でも特例的に保険適用が可能性な場合もあります。その際は3000円くらいから1万円くらいの費用がかかるといわれています。
しかし、特例的な扱いなので、故意ではないことが認定される必要があったり、市町村によって対応が異なったりしてなかなか認められにくいといわれています。そのため、どうしてももう一度製作したい場合には、京都市伏見区の場合も保険外の義歯を製作することになる可能性があります。
義歯は調整してもらうことができます。調整をしてもらわずに入れ歯で悩んでいるという場合、調整してもらうようにしましょう。京都市伏見区の歯医者でも、そのようなケースでは調整を行ってもらうことができます。そうすれば新しくもう一個義歯を作らなくてもよくなるかもしれません。
入れ歯を作ったけれど、痛いという場合、京都市伏見区の歯医者でも調整をしてもらうことができますので、歯医者で相談してみましょう。


◆ 入れ歯を固定するのにインプラントは必要なんですか?

本来であれば、固定する時にインプラントを利用することはありませんが、稀に入れ歯を利用している方で固定することが困難になる場合があります。歯の状況によっては、入れ歯を固定しようとするとずれてしまうこと、噛むことで何か動きが出てしまうことは結構あるとされています。これを解消するためには、インプラントのように固定しやすいものを採用して、しっかりと取り付けることが重要になっています。そのため固定用としてインプラントを利用することはあります。
この時に利用されているものは、通常のインプラントとは少し異なっているものを採用しています。アタッチメントのついているものを採用して、入れ歯固定用として利用することが多いです。入れ歯を固定するために利用する前提なので、普通のタイプとはやや違っており、普段のインプラント治療ではあまり利用されていないものです。見た目は若干違いがありますが、固定できる力はしっかり持っているので、安心して取り付けることが出来ます。
入れ歯とインプラント、両方とも行ってもらうためには、それなりに技術力のあるクリニックを利用しなければなりません。この力を持っているところじゃないと、思ったような固定ができないこともありますので注意をしてください。特にずれてしまう部分を、別々のクリニックで担当してもらうと、入れ歯を担当しているところがしっかりと作ることが難しいので、1つのクリニックに全てをお願いして、綺麗に対応してもらう事になります。
インプラントについては、大体2本くらいをベースとして、多い人は4本くらい入れて固定することになります。この部分は動かないように固定しており、勝手にずれてしまうことを防ぎます。その上でアタッチメントで入れ歯を固定するようにすれば、問題なく利用することができるのです。このようにしっかりと入れ歯を固定できる治療を受けることもありますので、もしかしたら状況によって、インプラントを勧められることがあるかもしれません。
京都市にあるクリニックでも、同様の措置を取っています。もちろん承諾をしてもらうことが前提となりますので、承諾してもらっていいと思われてから、実際に治療を行うようにしています。伏見区にあるいくま歯科医院は、非常に高い技術を力を持っており、両方の治療をしっかり行えるほどの規模を持っております。安心して治療を受けられるように、全て相談を受けてから実施するように心がけています。


◆かみ合わせに違和感があり、ゴルフの際などに気になります。

入れ歯にすると、どうしても咬みあわせが悪くなってしまい、これによってパワーを生み出すことが難しくなってしまいます。一番の問題点として、力を入れようとすると咬みあわせがずれていることがわかって、しっかりと口の中で力を溜めることが出来ずに、スイングをするようになります。踏ん張ることが出来ないような印象が出てしまうので、そうしたイメージが続いてしまうことによって、ゴルフのスコアも悪くなっている、そんな感じがあるかもしれません。
これは咬みあわせをしっかりと取ることが出来ないのが原因となっています。本来ならしっかりと咬みあわせを取るようにして、それから入れ歯を作るようにしていますが、使っているうちにずれてしまったり、そもそも咬みあわせがしっかり取れていないのに、そのまま入れ歯になって作られてしまうなどの問題があります。これは作っている過程で起きていることですから、なるべくそうしたものを避けるように、念入りに作って貰う必要があります。
京都市の伏見区にあるクリニックで、高さや歯並びなどをしっかり考慮して入れ歯を作っているところがあります。咬みあわせを考えて、高さを調整してしっかりと噛めるようにしています。更に並び方も調整して、残っている部分と調整をしながら、しっかりとパワーが出せるように調整をします。この調整を念入りに残っていることから、パワーが出せるようになっているので、出来る限り精度の高いところにお願いして、調整してもらうことが大事になります。
その上で、定期的にメンテナンスを受けるなどして、変わっているところを治してもらうことも大切です。入れ歯は使っていると徐々に変わってくることがあり、それを放置していると同じ状態になってしまいます。常に同じ状態を作っているわけではなく、徐々にですが削れるなどの要素で変わってくることになります。この変わってくるところを見極めながら、調整が必要ならしっかりと行ってもらい、最適なものを作って貰う必要があります。
このような変化をしっかりと考えつつ、作ってもらう時に自分が納得できること、高さを含めて調整が適切であることをしっかり診てもらわなければなりません。特に入れ歯はゴルフのように、スイングをしっかりするもので重要なものとなります。スイングに影響が出てしまう場合は、そもそもパワーが出せない咬みあわせになっているので、調整して治してもらうことも考えてください。